卒業式の伴奏者に選ばれました

先生!卒業式の伴奏選ばれたよ

先日嬉しそうにレッスンに来てくれた生徒ちゃん

学校の先生から頼まれた~と嬉しそうに話してくれました。

しかも大好きな曲の伴奏でした。

ずっとコンクールを受けたりピティナピアノステップに参加したりしていた子なので人前で演奏する事にも慣れていました。

普段からお家で毎日の日課のように自然と練習出来ていた子でした。

楽譜を読む力表現力も必要

日頃からレッスンで音を読むだけではなく、楽譜を読む力をつけてきました。学校の伴奏って意外と難しんです。必死で音符を追いかけている状況では伴奏になりません。

皆の歌声も聴きながら演奏しなければなりません。

ピアノソロの部分もあります。ソロの部分はピアノのみになるので目立つため素敵に演奏したいですね。

自信もって弾けますか?

伴奏するからには自信もって責任もって演奏しなければなりません。

幸い生徒ちゃんは数々のコンクールやピティナピアノステップに参加して色々学んできているので自信はありました。

楽譜をもらってきて直ぐお家で譜読みして即読めてしまったらしく

数日後のレッスンでは自信満々に演奏出来てました。

思わず涙涙・・・生徒ちゃんの成長を感じた一日でした。

今まで頑張ってきたからこそ自信もつきましたし、何より一番楽しそうに練習しています。

今の生徒ちゃんは一番輝いてます。

今までいろんなことがありましたが、ピアノは心の支えにもなってます。ピアノが楽しいって思ってくれたことが講師としては嬉しい限りです。

素敵な卒業式を迎えられるといいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。